雨に濡れブラウスに透ける肌に欲情したレイプ魔が女子高生をレイプ!

レイプ魔が雨に濡れた女子高生をレイプ

電車で、通勤途中で、コンビニで、制服姿の女子高生を見ると「欲情」とは違うが、懐かしさの混じった甘酸っぱい感傷が沸くときがある。

 

もしかすると、自分自身がとっくに失ってしまった「ピュアさ」や「肌のハリ」を、羨望しているのかもしれない。

 

「ないものねだり」という言葉があるように、人は自分が持ってないものを持ってる人に憧れ、仲間になりたいと願う。
「雨に濡れブラウスに透ける肌に欲情したレイプ魔が女子高生をレイプ!」の続きを読む